ひろしま さとやま未来博2021とは

広島県の⾥⼭・⾥海を舞台に、さまざまな分野で活動するチャレンジャーの発掘と育成に向けて、⼈や⾃然を活⽤したコミュニティビジネスや、地域住⺠の暮らしを⽀える活動の体験型オンラインプログラムをつくり、広くPRする博覧会。ひろしまの⾥⼭に関わる⽅々は、地域を⼤切にするソーシャル思考を持ち、地域に GOOD なコトを実践されています。それは、地域のためになり、新しい価値観や⼤切にしたいことに気づける良い機会にもなります。プログラムづくりへの挑戦や、プログラムに参加いただくことで、新たなライフスタイルを⾒つけていきましょう。

【会期:2021年9⽉5⽇(⽇)〜12⽉19⽇(⽇)】


「未来博の開催にあたって」

広島県の中⼭間地域は、豊かな⾃然環境に恵まれた中国⼭地や瀬⼾内海を背景に、四季を通じて楽しめるアクティビティや歴史を感じさせる街並み、個性豊かで多様な⽂化など、⾥⼭・⾥海ならでは資産を有しています。コロナ禍においてこれまでの⽣活が⾒直されつつある中、地域に変化を⽣み出そうとする《⼈の輪》をさらに⼤きくして、地域の魅⼒や豊かさを、将来にわたってかけがえのない資産として⼤切に引き継いでいくための活動を共有していきたいと考えています。
広島県では、こうした思いを込めて、オンラインによる「ひろしま さとやま未来博 2021」を開催します。
あなたの「さとやま Social GOOD 」を⼀緒に⾒つけませんか。
皆様の参加を⼼からお待ちしております。

さとやま Social GOOD | ひろしま さとやま未来博2021

広島県知事 湯﨑英彦


ロゴマーク

さとやま Social GOOD | ひろしま さとやま未来博2021

⾃然・⼈の暮らし・⽂化・活動など、地域の課題や地域に密着した関わり⽅、つながりのあるソーシャルな世界観を「⽊」で表現。 GOOD の“G”を葉っぱに⾒⽴て、「育っていく⾥⼭の未来の⽊」をシンボルロゴ化しました。


愛称

さとやま Social GOOD

キャッチコピー&ステイトメント

さとやまに未来を育てよう。

豊かな⾃然と⼈がつながる⾥⼭には、
先⼈たちが培ってきた魅⼒的な暮らしや、
⽣活を豊かにする知恵があふれています。
すでに⾥⼭で芽吹いている GOOD や、
これから芽吹いていく新しい GOOD を
⼤切に未来へつないでいくために、
私たちにできることがあります。
資源や歴史を後世にいかしていくこと、
今の時代だからこそ、創造できること、
⼈と⼈とのいい関係をつむいでいくこと。

⾥⼭にもっと笑顔があふれるように、
さぁ、みんなで⼀緒に始めよう。
さとやま Social GOOD


6つのさとやま Social GOOD PROJECT

体験プログラムは、大きく6つのカテゴリーに分かれています。里山や里海のいろいろな体験プログラムにオンラインで気軽に参加できます。

GOOD COMMUNITY

_安全な⽣活の⼟台づくり

福祉や防災など、暮らしの課題についてみんなで話合い、解決実行していく積重ねが、里山・里海でのもっと GOOD な暮らしにつながっていきます。

GOOD EDU

_人材育成

普段の暮らしの中で自然と身についてきた知恵。里山・里海だからこそ提供できる GOOD な学びが次代のリーダーを育てていきます。

GOOD RESOURCE

_資源の継承

その土地ならではの歴史やストーリーを知り、生かすことで、里山・里海が大切に守ってきた GOOD な資源が後世に受け継がれていきます。

GOOD ACTIVITY

_地域の賑わいづくり

地域内、県内、国内外に向けた、多様なコンテンツをつくり、活用することで、里山・里海を訪れる GOOD な人の流れを生み出していきます。

GOOD LOCAL LIFE

_移住定住促進

エリアフリーな暮らし方が当たり前になりつつある時代だからこそ、里山・里海で生きるという GOOD な選択が広がっていきます。

GOOD PRODUCT

_特産品・商品の開発・販売

丁寧な手仕事でつくられる安全・安心な地域産品を選ぶことは、何よりの贅沢。里山・里海で生み出される GOOD な農産物や加工品が日常を豊かに彩っていきます。
ページトップ